まずは、財務省のこのページをごらんください。

どうですか?何か感じましたか?

私が感じたのは、「この深刻な状況を淡々と説明するアニメーションを流す財務省の感覚がよくわからない」ということです。

だからどうするってのが全くありませんし、全く危機感のない音楽でもうびっくりです!

まさに、財務省に務める公務員が、全く自分のこととして捉えていない現実が見えてきます

最初のアニメーションを見ればわかるように、平成5年あたりから一気に右肩上がりの伸びです!

これが利益や税収、業績を表すグラフなら、諸手を上げて御の字となるのでしょうが、残念ながら借金のグラフです。

こんな状態だと知っていましたか?

知らない?

いやいや、あなただって、きっと知っているはずです。
だって、テレビで借金が過去最高とか報道されていますもん。

知っているけど、自分には関係ないので、知りたくもないわけです。
でも、自分の国のことなんです。
最後は、自分に関係してくることなんです。

だからと言って、何かしようとは考えませんし、国会議員が何とかしてくれよって感じですよね。

このような状態を、ローマ帝国をつくったかの有名な「カエサル(ジュリアス・シーザー)」がこう言っています。

多くの人は自分が見たいと欲する現実しか見ない


これは、日本国民の誰もが見たくない現実なんです!

ちなみに、この財務省のページには、同じようなアニメーションが12個あって、どれも非常に危機的な日本の財政事情を説明したものです。

にもかかわらず、何も解決策が説明されておらず、事実を淡々と説明しているだけです。

このアニメーションの中の一つに、国の借金を一般家庭にたとえているものがあります。

月30万の収入がある家庭に例えると、毎月の支出が53万円となり、毎月23万円の借金を抱えて続けているというもので、その額が5,143万円にものぼるそうです。

一般家庭なら、間違いなく自己破産してますよね!

ってか、月収30万円なら30万円の生活をするべきでしょ!

生活スタイルの改善をするべきなのに、
これだけ投資すれば、収入が増えるんだ」といいながら収入に見合わない投資を続けている状態です。

たしかに、借金を抱えてビジネスをスタートさせる人や会社がほとんどだと思います。

しかし、それは、しっかりとしたビジネスのプランがあり、月々の返済により、利息を得られると見込んだから銀行がお金を貸してくれるわけです。
返せる見込みが無いのに貸してくれるお人好しな銀行は世界中どこを探しても見当たりません。

国は、自分でお金を発行できるので、こんな常識では考えられない状態になってしまっているんです。

毎月30万円の収入に対して、53万円使うなんてことはありえないわけです!

そんな一般家庭が選択する方法は3つのうち、どれかしかありません。

1.自己破産
2.宝くじを当てるか、ビジネスを成功させて、収入を大幅に改善する
3.支出を抑えて、毎月の返済にあてる

さあ、どれを選びますか?

普通の人なら3番でしょう!

でも、今すぐ逃げたい人は1番。

現実に気づかない馬鹿な人は2番を選んで失敗し、挙句の果てに最悪自殺を選ぶなんてことになってしまいます。

今度は、これを国に当てはめてみると、1番はありえません。
できないですよね。

2014年の国の借金である国債の保有割合を見ると国内が94.9%です。
もし、国が自己破産すると国債を保有している人の資産がなくなってしまいます。

なので、そんなことが起これば、国内の銀行や金融機関がすべて破綻してしまうので、そんなことはできません。

では、2番はどうでしょう?
これもありえません。

そもそも、税収を爆発的に上げるようなものはありませんし、できたとしても一時しのぎ程度のものにしかなりません。

最終的には、やはり、一般家庭と同じように、収入の範囲内で支出を抑え、借金を返していくしかないわけです。

それなのに、税収が54兆円しかない状態で、過去最高予算96兆円とか、もうまったくわけがわかりません。

よくわからない財団に補助金を出したり、意味のない現場のことを考えられない政策にお金を使ったりすること自体が間違いです。

国民サービスを行えるだけの最低限のサービスを提供することに集中して支出を抑えたうえで、借金を返していくしか日本が生き残る道はありません。

このままでは、いずれ日本は破綻するわけです。

そんな状態なのに、公務員はクビにならないとか、一生続くと思っていませんか?
いずれ、公務員も仕事のできない無能な人はどんどんクビになっていきます。

そろそろ、現実を理解できてきましたか?

なので、これからあなたは、自らビジネスを作り出して、複数の収入を得る方法を考え、行動しないとダメなんです。

行動しないとなにもはじまりませんよ。

行動することで新しい世界を発見することができ、公務員なら国や都道府県、サラリーマンなら会社に依存しなくてよい世界を体験する第一歩となるんです。

それが、日本を救うことにもつながるわけです。

なぜなら、あなたが儲けることが、日本の税収を上げることになるんですから。

個人的には、

公務員は勤務時間にしっかりと業務をこなした上で、副業して税収アップに貢献する法律」!?

なんてものを定めたら、経済状況も少しは改善するんじゃないかと本気で思っていますけどね。