2015年公務員の夏のボーナス計算方法は?

無料レポート配布中!↓↓↓↓↓

46860self2

お手軽で簡単なお小遣い稼ぎ!!もちろん無料です!!

satu

2015年公務員夏のボーナス」のページで、2015年夏の公務員のボーナス支給額を紹介しましたが、今回は、公務員のボーナスのの計算方法について、紹介したいと思います。

公務員のボーナスの計算方法は、

期末手当 + 勤勉手当

期末手当は、

{(俸給(基本給) + 調整手当 + 扶養手当)の月額 + これらに対する地域手当の月額 + 役職段階加算額 + 管理職加算額} × (支給割合) × (在職期間別割合)

勤勉手当は、

{(俸給(基本給) + 調整手当)の月額 + これらに対する地域手当の月額 + 役職段階加算額 + 管理職加算額} × (在職期間別割合) × (成績率)

ようするに、普通の出来の公務員で、
ボーナス支給までの6ヶ月働いていれば、

基本給よりちょっと多い金額に役職に応じた金額を足した額の約2倍ほどが支給されるってことです。

大体40歳前後になってくると、自分の年令の倍くらいのボーナスがあるってことですね。

大学卒業してすぐ公務員になった場合は、4月からの3ヶ月しか働いていないので、自分の年令と同じくらいの金額になります。

ちなみに、公務員の人で、この計算を知っている人は、給料計算をする給与課とかの職員くらいで、一般職員は、ほぼこの計算を知らない人ばかりです。

一般企業でボーナスが出るところでも、ボーナスの計算方法を知っている人ってあんまりいないと思います。

ただ、こんな計算を知ったところで、自分の所得が増えるわけではないので、あんまり意味ないんですよね(笑)

それでも、公務員を目指していて、給与体系をしっかり知っておきたいと思う方は、人事院のホームページで詳しく調べてみてください。

人事院のホームページをみるとわかるんですが、意外とめっちゃ面白いんです。

まさに、公務員って感じがします(笑)

どんなところがそう感じるかというと、
3・4行前にリンクをはっている人事院のホームページとこの給料に関するページは同じ人事院が作ってるんですよね。

人事院のトップのページは明らかに業者に委託して作っているんですが、給与に関するページはあまりにもお粗末すぎですよね。
どう考えても、ホームページのことがわからない担当者が何とか作った感じがして笑えてきます!

ほとんどのページが素人が作った感じで、委託した部分はトップページだけかいっ!ってツッコミみたくなっちゃいますよ。

せめて体裁整えたらどうよと思ってしまいます。

さらに、

給与勧告の仕組みと本年の勧告のポイント

なんていう資料が公開されているんですが、

もうちんぷんかんぷん!?

わかりづらくて読む気も失せるように作ってるんでしょうね。

キャリアの官僚なら読み解くことができるのかもしれませんけど、一般人には難しくて読む気にもなりません。

もっと、小学生レベルの一般国民でもわかるように資料を作ってもらいたいものです。


まーそんなややこしい話はこれまでにして、ここまで読んでいただいたあなたにプレゼントがあります!
それはなにかといいますと、
ちょっとした時間を使って、お小遣いを手に入れよう!」という情報です!

その方法を、詳しくレポートにしていますので、こちらのページからレポートを請求してみてください。
もちろん無料です!↓↓↓↓↓

46860self2